シンパシーハート -会費制-

シンパシーハート

シンパシーハート(Sympathy Heart)会費制

共感葬儀シェアの特徴は葬儀を行なうにあたり、シンパシーハート(会費制)を選択できるということです。共感葬儀シェアは「死を悼む心」を真にもち遺族を支えます。参列者全員がご葬儀に参加し、親族と本当に親しい友人だけが集まって「故人の人生をシェア」「集う方々が悲しみをシェア」「葬送のこころ」をシェアするという意味があります。そして、これらの思いを「葬儀費用をシェア」するということでも表現しています。
故人の人柄を偲ぶとともに故人との思い出を振り返り、故人の人生そのものを尊重する時間を参列者全員でシェアするという意味でシンパシーハート(会費制)を使いシェアするのです。
 現在の葬儀の殆どは、会社関係者や多くの知人や友人にまでお知らせすることで大きなホールで行うことになり、多大な葬儀費用がかかっています。確かに規模が大きく大勢の参列者に来ていただくことは感謝することです。
しかし、果たして家族や親族の方々、親しい友人たちはしっかりと寄り添えたお別れが故人とできたかは疑問です。
共感葬儀シェアは家族と親族、親しい知人数人だけの新・家族葬です。故人とのしっかりとしたお別れをしていただく参加型ご葬儀だからこそ、シンパシーハート(会費制)が最適なのです。
*シンパシーハート(会費制)を使用せずの共感葬儀シェアもお受けいたします。