シェアのお葬式

シェアのお葬式

共感葬儀シェアは招待者にシンパシーハート(会費制)を頂く新・家族葬です。
親族と本当に親しい方々だけが集まって、同じ場所に集い故人へ「ありがとう」を伝えます。そして、故人からも親族や友人へ「ありがとう」を伝えます。そんな時間をシェアすることが我々の考える共感葬儀シェアです。

新たな葬儀のしくみ

お葬式はご親戚や近所の方々が集まって行なう時代から、親しいお知り合いや親族のみで送るお葬式に変化しています。
亡くなられた方が同じ地域の方や会社の方、友人知人知り合いであれば参列することが多い葬儀ですが、最近はお付き合いの度合いで参列するか、しないか、判断する時代に様変わりしました。
又、相互扶助で行なわれていた葬儀が、遺族中心となることで、葬儀規模は小さくなり葬儀費用も減額されたものの、遺族が全ての費用を支払うことになり金銭的負担が減ったとは言えません。又、医療の進歩により介護期間も長引き更に家族の精神的負担や費用負担も大きくなっています。
このような背景を受け、大切な方をお送りする葬儀の形態や残された遺族の金銭的負担が軽減する新たなしくみが必要と考えました。
ご遺族の「迷惑をかけたくない心情」と参列者の「してあげたい気持ち」が上手くかみ合う「新しい葬儀」が共感葬儀だと考えています。

あなたがいたから生きてこれた

人は一人では生きてはいけません。お母さん、お父さん。お爺ちゃん、御婆ちゃんがいなかったら、人はこの世に生まれてくることができませんでした。
また、家族同様に自分と一緒に人生を歩んだ友人たちがいなければ人生はつまらないものになっていたはずです。人は自分の命が尽きようとするとき、自分を生んでくれた両親、自分の人生を共に歩んでくれた多くの友の顔が浮かび、懐かしさで会いたい気持ちが募ったりします。
共感葬儀シェアは故人とご家族と共に歩んだ親しい友人が集う全員参加型のお葬式でもあるのです。

参列者全員が参加する共感葬儀

お葬儀には親族葬・家族葬・一般葬・社葬など様々なスタイルがあります。
確かにこれらのお葬儀は多くの方々に参列をいただき故人にとってもご家族にとっても感謝すべきものです。ただ、今迄のお葬儀でしっかりと行いきれていないことがあります。
それは参列者個々が故人に対してお気持ちをしっかりと時間をかけて伝えることができていないということです。確かに心の中で故人に対してお気持ちを伝えることはできているかもしれません。しかしながら、故人と向き合い語り涙を流す時間が十分とれたかというと大きな疑問が生まれます。
共感葬儀シェアはお葬儀自体を参列者全員で創るコンセプトのもと、参列者全員のメッセージ(シンパシーカード)を参列者自身が故人と個別の時間をとり棺に入れ、ゆっくりとしたお別れを行います。納棺も親族がお別れを共有しながらすることも可能です。また、祭壇のお花も参列者が費用負担をシェアし供えることもできます。
参列者個々が故人に思う気持をゆっくりとした時間をもってしていただけるお葬式。参列した方々が傍観するのでなく、主体者として全員が葬儀に参加していただけるお葬式が共感葬儀です。

お葬式は、故人の人柄や、楽しかった思い出を参列者同士が語り、思い出し、故人の人生そのものを尊重する機会としてほしく思います。共感葬儀シェアは、思い出や悲しみ、故人に対する感謝の気持ちを参列者全員でシェアできる場を提供できればと考えています。